性能順にMacBook Pro15インチ>MacBook Pro13インチ(ポート4つ)>MacBook Pro(ポート2つ)>MacBook Airです。 処理性能は、MacBook Pro15インチとMacBook Airは2倍ほどあります。(価格差も。笑) MacBook Proを買う必要はあるのか? 将来CG合成の編集をしたり、長時間 … 三浦一紀 ; Image: Apple MacBook Airは、9W~10WのTDPです。 13インチMacBook Pro上位モデル. All Rights Reserved. 新型『MacBook Air』と『MacBook Pro』のスペックを比較しました。 新型『MacBook Air』と『MacBook Pro』の違いは? Appleが11月11日から予約受付を開始し 「MacBook Air(2020)」のUSB戦略を考える 2020年04月30日 12時00分 公開 [ 井上翔 , ITmedia] Appleの新型モバイルPC「MacBook Air(2020)」。� M1チップ搭載のMacBook Air(M1、2020) の実機レビュー。場合によっては最上位のMacBook Pro 16インチに匹敵するような性能で、かつ非常に消費電力が低い画期的な製品。ただし、LTEに対応していない点と、重い点はデメリット。 MacBook Airが、Apple製のM1チップによるパワーで新しい次元へ。最大3.5倍速いCPU、最大5倍速いグラフィックス、18時間持続するバッテリーを搭載しました。 MacBook Airで動画編集をしたいと思っているが、オススメの編集ソフトと動画編集に必要なスペックを簡単に教えて欲しい! ・MacBook Airで動画編集したい、Airのスペックで動画編集できるの? ・動画編集に必要なスペックとAirのスペックを比較 ・MacBook Airオススメの軽い動画編集ソフ … MacBook AIrが 21分ほど掛かっているのに対し、 MacBook Proは 13分ほどで済んでいます。 約半分くらい違うんですね。 なんでこれだけ違うかと言うと、コンピュータの脳みそであるCPU(中央処理装置)の性能の差 です。. MacBook Air(2020)の特徴 MacBook Air(2020) MacBook Air(2020)は第10世代Core i3/i5/i7プロセッサを搭載し、ストレージ容量が128GB → 256GBに増えたのに端末価格が安くなり 「安くて使いやすい」というMacBook Air本来の魅力が復活 した端末となっています。 MacBook Air(2020)は、非常にコストパフォーマンスに優れたマシーンだ。クアッドコアのCPUが選択可能になり、ストレージも最大2TBまで搭載できるようになった。それにも関わらず価格は下げ。本記事ではMacBook Air(2020)がMacBook Air(2019)と比較して進化したポイントを紹介する! こんな気持ちになるなんて思ってないじゃないですか。サブ機で使うつもりで買ったMacBook Airなのに…メイン機のiMac(2017)より爆速で快適なんですよ。自分が持っているiMacはFusion Drive (フュージョン・ドライブ)というストレージが採用されたモデルなんですが、これがダメだった気がしてま … MacBook Air 2020は、仕事でも最高のPCである. 上記画像はMacBook Air(2020年モデル)。 テストしたのは上位機種にあたる、4コアCPUと512GBのストレージを搭載したモデルで、価格は13万4800円(税別 まさに原点回帰…!MacBook Air(2020)がシザー構造のMagic Keyboardを搭載し、第10世代のCoreプロセッサでクアッドコアプロセッサを選べるようになりました!これで価格が安くなってるのだからスゴイですよね。, ここでは、MacBook Air(2020)のデザイン・スペック・CPUの性能・価格をレビューしています。, 吊るしモデルのデュアルコアプロセッサを搭載したMacBook Air(2020)との性能の違いも比較しているので、デュアルコアにするか、クアッドコアにするか迷っている方も参考にしてください。, MacBook Air(2020)は第10世代Core i3/i5/i7プロセッサを搭載し、ストレージ容量が128GB → 256GBに増えたのに端末価格が安くなり「安くて使いやすい」というMacBook Air本来の魅力が復活した端末となっています。, MacBook Air(2020)の標準モデルのCPUはデュアルコアですが、プラス1万円でクアッドココアにすることができます。ついに、MacBook Airも4コアプロセッサの時代が到来です!, 従来のMacBook Airだと少し処理が重いなぁ〜と感じる場面も新型のMacBook Air(2020)なら快適に作業できるようになるのは嬉しいですよね。, 標準モデルは2コアのCPUですが、メインメモリが2,133MHz LPDDR3 → 3,733MHz LPDDR4Xに高速化、ストレージ容量が128GB → 256GBでデータ転送速度が向上しています。, つまり、吊るしモデルでもトータルで処理性能は向上しているので、2コアのCore i3プロセッサでもそこそこ快適に動作するので、資料作成やブログ作成といったテキストベースの作業であれば十分使える性能となっています。, ちなみに、動画編集も書き出し以外は十分快適に作業できるので標準モデルでも十分すぎるのかなと感じます。, MacBook Air(2019)が119,800円(2コア/128GB)だったのに対してMacBook Air(2020)は104,800円(2コア/256GB)と容量が増えて15,000円も価格が下がったので、かなりお手頃になった感じがしますね。, クアッドコアプロセッサを搭載したMacBook AirもAmazonで買うことができます。, MacBook Air(2020)のパッケージは白色を基調としたデザインでいつもと全く同じですね。, 付属品は説明書、Appleのロゴシール、USB-C 30W充電アダプタ、USB-C to Cケーブルとなっています。, MacBook Pro 13インチと同じ4コアのCPUプロセッサを搭載したモデルですが充電アダプタの出力は30Wのままとなっています。, MacBook Airのバッテリー容量は49.9Whとなっていて、MacBook Pro 13インチの58.2Whよりも少ないので30Wでも問題はないのでしょう。, バッテリー容量が少ないのにProと同じくらいのバッテリー駆動時間を実現しているのでクアッドコアプロセッサになってもMacBook Airの電池持ちの良さを感じます。, MacBook Air(2020)の筐体デザインは2018〜2019年モデルと全く同じとなっています。, MacBook Air(2020)のディスプレイは広色域(P3)は非対応のTrue Toneテクノロジーに対応したRetinaディスプレイを搭載していて、画面サイズは13.3インチ(2,560 × 1,600)と使いやすさと持ち運びのしやすさを考慮したデザインとなっています。, MacBook Airの代名詞といえばウェッジシェイプデザインですよね。2020年モデルも継承されています。, MacBook Air 2020と2019/2018の筐体を並べてみても見た目は同じですね。本体左側にUSB-Cポートが2つ搭載しています。, 最新のiPhone、iPad Proは次々とオーディオジャックが廃止されてますが、今のところMacBookシリーズでは廃止されていません。, また、すごく細かい違いとしてMacBook Airの「Air」の書体が細字から太字に変更していますね。, よく見ると全体的に太くなってるのかな。まあ、いいんだけど実際に筐体サイズのデブっちょになったので、それを文字で表してみたのかな?(どうでもいい。), MacBook Air(2019/2018)はバタフライ構造のキーボードを搭載していましたが、MacBook Air(2020)はついに廃止されてシザー構造の新しいMagic Keyboardを搭載しています。, これはMacBook Pro 16インチやMacBook Pro 13インチに採用されたMagic Keyboardと同じですがTouch Barを搭載していないファンクションキーを搭載したタイプとなっています。, キーの高さが0.5mm → 1mmになったことでタイピングした時の跳ね返りをしっかり受けることができるようになりました。, バタフライ構造のキーボードも個人的に好きでしたが万人受けするキーボードに戻った…ということ。バタフライ構造のキーボードのように不具合も出ないでしょうし信頼性は大きく向上したので安心して使うことができます。, タイピング音をバタフライ構造のキーボードと新しくなったMagic Keyboardで比較をしてみました。, MacBook Pro 16インチのMagic Keyboardとも比較していますが、なんとなくMacBook Air 2020のキーボードの方がタイピング音が静かなような気がします。, MacBook Air(2020)はTouch Bar非搭載モデルですが、指紋認証のTouch IDを搭載しています。, Touch IDに指紋登録しておくことで、指一本で画面ロック解除をしたりApple Payによる決済ができるようになっています。Touch Barは必要ないけど、Touch IDだけは欲しいという方も多いですよね。, 超薄型キーボードのバタフライ構造からシザー構造のキーボードになったことで本体の厚みが少しだけ増えています。, 最薄部は0.41mmと同じですが、最厚部が1.56cm → 1.61cmと5mmほど分厚くなっています。5mmって大したことないですけどスマホとしてみたら結構大きい数値ですよね。(ちょっと意味わからない。), MacBook Air(2020)と(2019)を並べて比較すると分厚くなったのが分かります。, MacBook Pro 15インチから16インチに乗り換えると「大きくなった、重くなった」という印象がありますが、MacBook Air(2020)はMacBook Air(2019/2018)から乗り換えたとしても筐体サイズの違いで不満を感じることはないでしょう。, こちらも使用感に違いはないのでサイズが大きくなったとはいえ気にする必要はないでしょう。(たぶん、気にしている人って僕だけなんじゃないだろうか…), MacBook Air(2020)は従来のモデルと同じく本体左側にUSB-C(Thunderbolt 3)を2ポート搭載しています。, USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)、Thunderbolt(最大40Gb/s)に対応しているので、MacBook Proと同じように高速通信ができるようになっています。, 通信速度は同じですが出力できる外部モニターの解像度が5K → 6Kに向上しています。なので、6K解像度のモニターのPro Display XDRを接続することができます。, …まあ、Mac ProのモニターをMacBook Airの外付けモニターに使う人はさすがにいないと思いますが。試してみたいよね…。(無理), MacBook Air(2020)は第10世代Coreプロセッサを搭載しています。標準モデルは2コアのCore i3ですが、プラス1万円で4コアのCore i5にカスタマイズすることができます。, ついにMacBook Airにもクアッドコアプロセッサの流れがやってきました。これを待っていた方も多いのではないでしょうか。, CPUだけでなく内蔵GPU、メインメモリの性能も向上していて旧型から性能アップが期待できます。というわけでGeekbench5にてCPUの性能を比較してみました。, 参考までにMacBook Pro 13インチ(1.4GHz)の性能も比較しているのでAirにするかProにするか迷っている方も参考にしてください。, デュアルコアモデルのCPUの性能は20%ほどの性能向上となっていますが、クアッドコアモデルは「これが本当にAirなのか?」っと思うくらいCPU・GPUの性能が向上しています。, MacBook Air(2019/2018)の比較でCPUのマルチコア性能が1.6倍ほど向上、さらに内蔵GPUがUHD GraphicsからIris Plus Graphicsになったことでグラフィック性能が2.5倍ほど向上しています。, ただし、デュアルコアのGPUの性能は抑え気味となっています。といっても2倍も性能アップしてるしMacBook Air(2020)は旧型とは完全に別マシンになったと言ってもいいかも。, さすがにMacBook Pro 13インチのCPUの性能には敵わないですが、驚くことにグラフィック性能はMacBook Airの方が上という結果になっています。, SSDストレージは容量が多ければ多いほどデータ転送速度が速くなる特性がありますが、MacBook Airは最小構成から256GBの容量を選ぶことができるようになりました。, MacBook Air(2020)の256GBのストレージはMacBook Pro 13インチの128GBよりも高速なストレージですが、MacBook Pro 13インチの256GBには一歩及ばない感じですね。, ストレージのデータ転送速度が速いとアプリの起動、データ保存などの速度が向上するので体感速度が上がることになります。, MacBook Air 2020の総合性能のnovabenchにて計測、比較してみました。, MacBook Air(2019/2018)と比較すると1.5倍もスコアを伸ばしていて性能がかなり向上しています。とくにデュアルコア → クアッドコアになったことでCPUの性能が2倍近く向上しています。, 意外だったのはMacBook Air(2020)のトータル性能がMacBook Pro 13インチ(1.4GHz)よりも性能が高くなってしまったところでしょうか。ストレージ容量が128GBと少ないのが影響したかな。, GPUの性能もMacBook Airの方が上ですし、トータル性能はMacBook Pro 13インチ(1.4GHz)の性能に近づいたことになります。, 動画の書き出し速度だけはMacBook AirはProの壁を越えることができないようです。実際に使ってみて数値だけでは分からないこともあるので、実機で動作速度の違いを比較してみました。, 実際の動作速度について実機で計測してみました。macOSの起動、Adobe Illustratorの起動、Final Cut Pro Xの起動、書き出し速度などを比較してみました。, MacBook Air(2020)のクアッドコアモデルは大幅に性能が向上していて全体的な動作速度は快適になっています。, MacBook Air(2019/2018)だとWordPressのグーテンベルクエディタがモタついたりしますが、MacBook Air(2020)なら問題はありません。メインメモリの高速化が影響したのかも。, 他にも、Illustratorの起動は旧型と比較すると10秒ほど速く起動できるので2コア → 4コアによる性能アップは体感することができます。デザイン作業をするならクアッドコアモデルのMacBook Airは心強い相棒になるでしょう。, ただし、Final Cut Pro Xの動画書き出し速度はあまり伸びていないんですよね。14分ほどのフルHD動画を書き出してみました。, MacBook Pro 13インチ(1.4GHz)は10分ほどで書き出しできているのに対して、MacBook Air(2020)は22分もの時間がかかっていて(2019/2018)と比較しても3分しか速くなっていないんですよね。, MacBook Air(2020)のCPU(Ice Lake-U)はクロック数が抑えられているので4コアとはいえ負荷のかかる作業は苦手なのかも。ちなみにデュアルコアでも計測してみましたがデュアルコアの方が書き出し速度は速いという結果となりました。, Final Cut Pro Xの動画編集はとくに問題はありません。ただ、10分以上の動画編集で複雑になってくるとレインボーマークが表示されて速度が遅くなることはあります。, ちなみに、4K動画の編集になると無理です。重いです。なので、動画編集することが多いなら素直にMacBook AirよりもMacBook Pro 13インチを選んだ方がいいでしょう。, とはいえ、動画編集自体は2コアのMacBook Airでも十分こなすことができます。以前のMacBook Airと比べても性能が向上していてメインで使うこともできると思うので使い勝手はかなり良くなった印象があります。, MacBook Air(2020)はCPUを2コア → 4コアプロセッサにカスタマイズできます。コア数が単純に倍になるということはバッテリー駆動時間も増えます。, ということで、バッテリー駆動時間を実際に計測してみました。Safariでブログ記事を作成したり、Illustrator、Photoshopでブログ用の画像を編集するといった一般的な使い方です。, 2020年モデルのMacBook Air(Core i5 4コア)は少しだけ電池持ちが悪くなりました。まあ、当然というべきか。, 2018年のMacBook Air(Core i5 2コア)はフル充電から7時間くらい(当初は8時間使えたのでバッテリーが劣化)2020年のMacBook Air(Core i5 4コア)は6時間〜6.5時間で電池切れになりました。, 6時間の電池持ちってMacBook Pro 13インチ(2019・1.4GHz)と同じくらいのバッテリー駆動時間となっています。AirなのにProと同じ電池持ちとなるとどうなんだろ。, デュアルコアモデルに関しては実機が手に入り次第バッテリー駆動時間を調べますが、MacBook Airの取り回しの良さ、電池持ちを重視するのであれば標準のでデュアルコアモデルを選んだ方がいいのかもしれないですね。, 付属のApple 30W充電アダプタを使って充電時間0%状態から3時間ほどでフル充電できることを確認しました。, MacBook Air(2020)の充電アダプタの出力は30Wなので、サードパーティ製のよりコンパクトな充電アダプタを使うのもいいかもしれませんね。, MacBook Air(2020)はスピーカーグリルの大きさが少しだけ変わっていますね。, で、音質もかなり変化しています。おそらくDolby Atomsに対応したからでしょう。ボーカル域が強調されて音に広がりのあるサウンドに変化しています。, 個人的にはMacBook Air(2019/2018)の内蔵スピーカーの音質の方が好き。, MacBook AirのスピーカーはProよりも品質は落ちます。そのスピーカーでDolby Atomsに対応し低音と高音が弱くなってバランスがおかしくなった感があります。, 音質は好みの部分があるので何ともいえないところではありますが、内蔵スピーカーで音楽を楽しむことが多いなら一度試聴しておいた方がいいでしょう。, MacBook Air(2020)は最小ストレージが128GB → 256GBになったのに価格が安くなっています。CPUプロセッサを標準構成にしたときの価格は以下のとおりです。, もし、クアッドコアにカスタマイズする場合は上記の価格からプラス1万円となります。Core i5(4コア 1.1GHz)、メインメモリを16GBにカスタマイズしするとこうなります。, MacBook Airをサブ機として使うなら128GBの容量でも足りるのですが、メイン機としてだと最適でも256GBは欲しいところ。, そんな中で、MacBook Air(2020)は最小構成のモデルでもメインとして使える性能を持ったということになります。, MacBook Air(2020)は基本性能が向上してキーボードが一般的なシザー構造を採用したMagic Keyboardを搭載したスタンダードなMacBookとなっています。, MacBook Air(2020)は第10世代のCoreプロセッサと3,733MHz LPDDR4Xの高速メインメモリを搭載したことで、全体的な動作速度は向上しとても快適に使えるようになっています。, 資料作成やブログの更新といったテキストベースの作業であれば問題なく使うことができるでしょう。, また、MacBook Air(2020)の最大の魅力は価格の安さでしょう。256GBモデルが104,800円から買えるようになったのはとても大きいですよね。この価格ならプラス20,000円でメインメモリを8GBから16GBに増やして安定性を向上させるのもおすすめです。, MacBook Air(2020)はシザー構造のキーボードを採用したことで、厚みと重量が少しだけ従来のモデルよりも増しているので「Air」と呼んでいいのか、微妙なところではあります。, また、電池持ちはクアッドコアモデルは少し悪くなっているので、バッテリー駆動時間よりも性能を重視したいならプラス1万円でカスタマイズする価値はあるでしょう。, ただ、クアッドコアモデルを選んだとしてもMacBook Pro 13インチ並みの性能が手に入るわけではないですし、動画編集はやっぱり厳しいです。, 普段の作業を少し快適にできるのがMacBook Airのクアッドコアプロセッサといった感じなので、個人的にはサブマシンとして使うならMacBook Air(2020)はデュアルコアプロセッサで十分なのかなと思っています。, デュアルコアプロセッサのCore i3に、メインメモリを8GBから16GBに増設するパターンがおすすめの構成となっています。, AppleシリコンのM1チップを搭載したMacBook Air(M1)が登場したことでこの記事でレビューしたInteiプロセッサを搭載したモデルはMac整備済製品で買うことができるようになっています。, MacBook Airのメインメモリの容量、ストレージ容量の選び方はこちらをどうぞ。, メールアドレスを入力しなくてもコメントは残せます。メールアドレスが公開されることはありません。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 新しい相棒選びでわりと悩みがちなのが「MacBookかiPad Proか」どちらも買うのが理想ではありますがなにせ高い(笑)今回は、それぞれのメリット・デメリットや用途、違いについて比較しながら、1台買うとしたら今の自分にどちらがベストなのかわかるように解説しています。 MacBook Air【旧型】は学生にオススメ. MacBook Airのために、カスタマイズオプションをご用意しています。apple.comだけのサービスです。 16GBユニファイドメモリ; 512GB、1TB、2TB SSD; MacBook Airと環境 . さあどっちにする? MacBook AirとMacBook Proの違いをチェック #AppleEvent. Macbook Air 2020 と Macbook Proの価格を比較してみます。 ベンチマークの数値はまだ出てないですが、第8世代→第10世代の進化とメモリがDDR3→DDR4へパワーアップした分とターボブースト時のクロック差0.4GHzは相殺かMacBook Air 2020が勝るかと考えます。 3機種の中で一番安く、 唯一10万円を切るMac です。 正直、お金にまだ余裕がない学生はMacBook Air一択だと思います。 【MacBook Air特徴②】りんごマークが光る All Rights Reserved. MacBook Air(2019)でも、4K外部モニターへ出力するくらいはパワーがあります。 本体右側にはイヤホンジャックが搭載。考えてみたら使ったことがないかもしれない(笑) キーボード. 新MacBook Air 2020モデルと旧モデルを仕様比較。 シザー式キーボード採用、第10世代Core搭載 12年で最強化 MacBook Air 2020年モデル実機に惚れる 今回の新型Macbook Air (2020)は 第10世代のIntel Core i3 / i5 / i7 を搭載し性能は前モデルの 2倍 になり、グラフィックには Iris Plus G7 が搭載(最小構成のCorei3だけIris Plus G4を搭載)され前モデルより 80%程 グラフィック性能が上がっています。 MacBook Air&iPad Proに新型登場! キーボードを始め、その真価は? 第11回. MacBook Air(2020)は、非常にコストパフォーマンスに優れたマシーンだ。クアッドコアのCPUが選択可能になり、ストレージも最大2TBまで搭載できるようになった。それにも関わらず価格は下げ。本記事ではMacBook Air(2020)がMacBook Air(2019)と比較して進化したポイントを紹介する! MacBook Airが、Apple製のM1チップによるパワーで新しい次元へ。最大3.5倍速いCPU、最大5倍速いグラフィックス、18時間持続するバッテリーを搭載しました。 MacBook Air・MacBook Pro 違いを比較!サイズ・スペックでおすすめはどれ?【2021年最新】, MacBook Pro・AirのSSD容量はどれがおすすめ?ストレージ容量の選び方!, MacBook Proのメモリ(RAM)は8GBから16GBに増設した方がいい?速度がどれくらい違うか比較!, MacBook Pro 13インチ(M1チップ・8GB RAM・256GB SSD), MacBook Pro 13インチ(第8世代Coreプロセッサ 1.4GHz・256GB), Nano-textureガラス・標準ガラスの光の反射と画質比較!選ぶ価値はある?【iMac 27インチ】, Xperia 1 ⅡとiPhone 11 Pro どっちが使いやすいかサイズ・スペックの違いで比較!, MacBook Pro(第10世代4コア・16GB・512GB):188,800円. AUKEY PA-D5 レビュー!スマホとモバイルPCを同時充電できる63W出力の電源アダプタ, 【2021年最新】Apple整備済製品の選び方。おすすめのiPad・Mac、買うべきでない機種まとめ!, MacBook Air M1 レビュー!驚くほど快適で電池が持つ高スペックな新世代モデル, MacBook Air・MacBook Pro 違いを比較!サイズ・スペックでおすすめはどれ?【2021年最新】, MacBook Proのメモリ(RAM)は8GBから16GBに増設した方がいい?速度がどれくらい違うか比較!, MacBook Pro・AirのSSD容量はどれがおすすめ?ストレージ容量の選び方!, MacBook Air 2019/2018 レビュー!性能不足は感じないAirのDNAを継いだモデル!, MacBook Pro 16インチ(2019)レビュー!画面サイズが大きいスペック最高峰のモバイルノート, MacBook Pro 16インチと13インチの違いをサイズ・スペック・価格で比較!, MacBook Pro 13インチ(1.4GHz)レビュー!十分な性能・スペックの低価格モデル【2019モデル】, iMac・MacBook Proどっち買う?メリット・デメリットと使い勝手を徹底比較!, MacBook Air(2020) 第10世代Intel Coreデュアルコアプロセッサ, MacBook Air(2020)第10世代 Intel Coreクアッドコアプロセッサ, AUKEY PA-D5 USB-C×2 GaN (窒化ガリウム) 63W 急速充電器, MacBook Pro 13(2020)は下位か?上位か?新旧のスペック・価格の違いを比較!, MacBook Air 2020・2019 スペック・価格の違いを比較!これは買いなのか?!. まず最初に伝えておきたいことは、 MacBook Air 2020を仕事やプライベートで使って6ヶ月。 私は大満足しています。 また、 2020年11月に発売した「 M1チップ搭載の新型Macbook Air 」は、あらゆる問題点を改善し、驚異的なパフォーマンス力を備えた完璧に近いパソコンである とも言えます。 MacBook Air(Early 2020)レビュー. MacBook Air 2020 の実機レビュー。高いブランド力、美しいデザインが魅力のモバイルノートPC。最新モデルでは性能が約2倍に上がり、負荷の高いソフトもある程度対応可能。 2020年前期のMacBook Air(2020・Intel)は第10世代のCore i3-1000NG4(9W)を搭載し全体的な性能が大幅に向上しFinal Cut Proの動作自体は快適になりましたが、レンダリング・書き出し時間は時間がかかります。 気になるMacBook Air(2018)のパフォーマンス。MacBookと同じ低消費電力を特徴とするチップを採用しているが、YouTuberのKraig Adams氏によると、MacBook Air(2018)でも「Final Cut Pro」なら4K動画の編集は全く問題ないようだ。 MacBook Air 2020版のベンチマーク比較テスト Appleは3月18日、「iPad Pro」と「MacBook Air」の2020年版を発表しました。発売日は3月25日です。 この記事では、これら新型が旧型と比べてどう進化したのかを中心に、初心者向けに解説していきます。 M1搭載MacBook Air(2020年モデル) これは何?:Apple内製チップで刷新された、Appleのエントリレベルラップトップ YouTubeに動画を上げる方が増えてきていますが、動画編集に必要なものにパソコンがあります。もちろん、Macでも動画編集することができますが、どれくらいのスペックがあれば動画編集をすることができるのか、見た目では分からないですよね。, ということで、この記事では動画編集をするにはどのMacBookがいいのかを、編集のしやすさ・書き出しの速度の速さでどっちがおすすめか見てみたいと思います。, 動画編集するためのMacBook Air、MacBook Proを探している方は参考にしてみてください。なお、Macの動画編集ソフトにはいろんなものがありますがFinal Cut Pro (FCP)を使うことを前提に話を進めています。, MacBookシリーズは2020年11月現在、大きく分けて3つのモデルから選ぶことができます。, なお、11月に発売されたAppleシリコンのM1チップをMacBook Air(M1)、MacBook Pro 13インチ(M1)が登場したことでAirでも快適に動画編集ができるようになりました。, Intelプロセッサを搭載したモデルで動画編集をするなら+ 20,000円でメインメモリは16GBにカスタマイズしておいた方がいいですが、M1チップを搭載したモデルであれば標準の8GBのメインメモリでも十分動作する性能を持っています。, これはM1チップはSoC(システム・オン・チップ)になったことでCPU、GPU、RAMとのデータ転送が高速化しパフォーマンスが大きく向上しています。少ないメモリでも十分快適に作業ができます。, 動画編集をするにはそれなりの性能のマシンが必要となりますが、2020年現在、販売されているMacBook Air・Proであれば実はどのモデルを選んでも普通に編集することができます。, 2020年前期のMacBook Air(2020・Intel)は第10世代のCore i3-1000NG4(9W)を搭載し全体的な性能が大幅に向上しFinal Cut Proの動作自体は快適になりましたが、レンダリング・書き出し時間は時間がかかります。, 編集はできるけど書き出しは時間がかかる感じです。しかし、2020年後期のMacBook Air(M1)はM1チップを搭載したことで、びっくりするくらい快適に動作するようになりました。, こちらはMacBook Airのデュアルコア(Core i3-1000NG4)+ 16GBメインメモリを搭載したモデルでフルHDの動画を編集している様子です。, 40分ほどある元動画を15分ほど編集したのですが、Intelのデュアルコアモデルでも普通に編集できます。ただ、少し凝った編集をすると動作が遅くなってしまいます。しかし、M1チップならどんなに複雑な動画編集になろうとも快適に作業することが可能となってしまいます。, Intelプロセッサを搭載したMacBook Airだと長い動画を編集をしたり、エフェクトなど高度な編集をすると少し動作にモタツキが出てしまい、4K動画も編集できますが「再生中にコマ落ちが発生しました」という警告が出ます。, しかし、M1チップのMacBook Air(M1)ならこのようなコマ落ちはありません。かなり快適に作業できるようになりました。, MacBook Air(M1)でも快適に動画編集することができるので、MacBook Pro 13インチ(M1)を選ぶメリットはどこにあるのか?, IntelプロセッサのMacBook AirとProの比較なら動画のカットや調整のアニメーションの滑らかさが圧倒的にMacBook AirよりもMacBook Proの方がスムーズで細かい編集もしやすく作業効率を上げることができました。, タイムラインのサムネイルの表示速度もMacBook Proの方が速いですし、10分以上の動画を編集することが多いならAirではなくProを選んだ方が快適に素早く作業することができました。, しかし、M1モデルはこのような差はありません。唯一の違いといえば動画の書き出し速度といっていいでしょう。MacBook Pro 13インチ(M1)はファンを内蔵し排熱効率がAirよりも上なので、連続した負荷のかかる作業を得意としています。, こちらは、実際にMac mini(M1)、MacBook Air(M1)、MacBook Pro 13インチ(M1)で14分のフルHD動画を書き出し時間を計測したものです。, ファンレスのMacBook Air(M1)よりも、ファン内蔵のMacBook Pro 13インチ(M1)やMac mini(M1)の方が書き出し時間が早くなっています。Mac miniは筐体が大きくさらに排熱性能が高いのが功を奏しているのでしょう。, とはいえ、この差をどう見るかですよね。個人的には30秒以内は誤差範囲だと思っているので、M1チップを搭載したモデルであれば性能はほぼ変わらないと見て問題ないと思います。, MacBook Pro 13インチはIntelプロセッサを搭載したモデルも選ぶことができます。基本的にはM1チップを搭載したモデルを選んでおけば問題ないですが、互換性、仮想環境、ポート数の問題からIntelモデルを選ぶ必要性もあり得るかもしれません。, では、MacBook Pro 13インチとMacBook Pro 16インチのどちらがいいのか。, 16インチは専用のGPUを搭載しているので動画の書き出し速度はM1チープよりも速いです。, ただ、編集のしやすさについてはほぼ同じ。もしかしたら、M1モデルの方がしやすいかも。実際に使ってみると13インチの性能があれば十分であることがわかります。, なので、MacBook Pro 16インチを選ぶメリットとしては画面が大きく作業領域が広いか狭いかだけといっていいかもです。, ただ、個人的に16インチの画面サイズいっぱいにタイムラインを表示することはなくウィンドウ化して作業した方が扱いやすいので、画面サイズはさほど問題ではないかな。, それよりも、動画編集しながら他の作業をすることが多いのであればMacBook Pro 16インチを選ぶメリットはあるでしょう。, MacBook Air、MacBook Pro 13インチ・16インチで動画の書き出し速度を比較してみました。すべてのモデルで比較はできないので、所持しているモデルに限定していますが参考になるかと思います。, 書き出しするデータは14分のフルHD動画で、条件を合わせるためにレンダリングやプロキシを削除した状態から書き出しをするパターン、レンダリング時間、レンダリング完了後から書き出しするパータンで時間計測をしています。, M1チップを搭載しているMacBook Air(M1)、MacBook Pro 13インチ(M1)はとにかく書き出し速度が高速です。外部GPUを搭載しているMacBook Pro 16インチに迫る速度となっています。, これでいて、発熱が少なくてバッテリーがあまり減らないのだから驚きの電力効率なんですよね。この書き出しで消費したのは5〜7%ほどで16インチだと15%ほど電池が減ります。, なお、レンダリング作業はCPUのリソースを消費しますが、M1チップはパワフルなのでレンダリングしながらでも他の作業をするといったことも可能です。MacBook Pro 16インチでもながら作業は可能ですがファンが盛大に周りだし電池が減りまくるので現実的ではないです。, しかし、MacBook Air(M1)とMacBook Pro 13インチ(M1)ならそれが可能となります。, MacBook Air、MacBook Pro 13インチは標準モデルは8GBのメインメモリを搭載していますが購入時に16GBにカスタマイズすることができます。, 標準の8GBのままでいいのか、16GBに増設しておくのがいいのか。Intelプロセッサを搭載しているモデルは迷わずに16GBにカスタマイズしておくのが良かったですが、M1チップを搭載しているモデルは8GBでもそこそこ快適に動作します。, ただ、長く使うことを想定しているのなら動画編集の有無関係なしで16GBにカスタマイズしておくのがおすすめです。数年後は16GBのメインメモリが当たり前になってるはず。, Intelプロセッサを搭載したMacBook Pro 13インチ(2019・1.4GHz)のメインメモリ16GBと8GBで実際に計測してみました。今回、この検証のためにMac整備済製品で8GBのメインメモリを搭載しているモデルを購入してしまいました…。, 16GBのメインメモリを搭載したモデルの方が時間が短縮されるのかと期待してましたが、実際のレンダリング時間・書き出し時間にそんなに差は出ないようですよね。, M1チップを搭載したMacBook Air(M1)とMacBook Pro 13インチ(M1)でも比較しましたが、大きな差はありません。むしろ、これはファンの有無による性能差とみていいでしょう。, 「じゃあ、16GBのメインメモリは必要ない?」というわけではないです。編集中の快適さは8GBよりも16GBの方が上です。, 厳密にいうとFinal Cut Proを単独で動作させてる場合は差はほとんどないですが、別のソフトウェアを起動しながらマルチタスクで作業するときに差が出る感じ。, 例えば、動画編集中にPhotoshopやIllustratorでサムネイルを作成したり、動画に差し込む画像を作ったりする場合は16GBあることで安定した作業環境を作ることができます。, また、外付けの4Kモニターを使って作業する場合もメモリは多い方が安定した動作を得ることができます。, +20,000円でカスタマイズできるし後から追加することができないので可能なら16GBにしておくのがおすすめです。CPUをカスタマイズするくらいならメモリにお金をかけたほういいはず。, MacBook Pro 13インチ(Intel)とMacBook Pro 16インチのメインメモリは16GBとなっていて+40,000円で32GBにカスタマイズすることができますが、余程なことがない限り32GBに増設する必要性はありません。, MacBook Pro 13インチは32GBにすることで速度が速くなる可能性はあります。ただ、外部GPUを搭載しているMacBook Pro 16インチはそこまで変化はないはず。, というのも、iMac 27インチで16GBと32GBで比較してみると書き出し速度にそんなに差は出ないんですよね。, これは、外部GPUには高速メモリ(GDDR5・GDDR6・HBM2)を搭載し内蔵GPUで動作しているMacBook Pro 13インチとは根本的に構造が異なり、メインメモリの容量が少なくても外部GPUのメモリである程度補うことができるのでしょう。(あくまで想像ですが。), 実際にMacBook Pro 16インチ(Radeon Pro 5300M 4GB GDDR6)のメインメモリ16GBモデルで動画編集をしてモタつく、遅いと感じたことはこれまで一度もありません。, エフェクトを多用したり、4K動画を扱うとなると話は変わってくるのかもしれないですが、一般用途であれば16インチに関しては16GBのメインメモリがあれば十分かなと。, MacBook Pro 13インチは内蔵GPUモデルなので、少しでも快適に作業したいなら上位モデルでメインメモリ32GBに増設するのがおすすめ。おそらく、速度に差は出てくるはず。, MacBook Airでも快適に動画編集できますが、高い頻度で動画編集することが多いならMacBook Pro 13インチ(M1)を選ぶのかいいかもです。電池持ちがいいので外でもずっと作業をすることができます。, 外で使うマシンとしてIntelプロセッサを搭載したモデルは選ばない方がいいでしょう。もし、月に数回しか動画編集しないならMacBook Airでも問題ないでしょう。, MacBook Air(M1)はM1チップ(8コアCPU・7コアGPU)が標準モデルとなっていて、+5,000円で(8コアCPU・8コアGPU)にカスタマイズすることができます。, 正直なところ目で見える性能差はほとんどないので8コアCPU・7コアGPUのM1チップで問題ありません。快適に作業できますし、動作に差が出ることはほとんどないでしょう。, 動画編集はMacBook Pro 13インチ(1.4GHz)の性能があれば十分こなすことができます。外でも作業することがあって持ち運びを重視するなら13インチモデルを選ぶのがいいでしょう。, もし、アプリの互換性や拡張性を重視するならMacBook Pro 13インチ(Intel)かMacBook Pro 16インチを選ぶのがおすすめです。M1モデルは最大1台までしか外部モニターの接続ができない、仮想化環境でWin 10の起動ができないといった問題があります。, Final Cut Proで動画編集した時のバッテリー持ちは電力効率の良いM1チップモデルは4〜5時間ほど、MacBook Pro 16インチ・13インチは3時間ほどとなっています。, 基本的にどのMacBookを選んでも動画編集は問題なくすることができます。使い頻度に合わせて適材適所の端末、スペックのモデルを選ぶのがいいです。, 月に数回しか動画編集をしない、または動画の時間が5分とか短めのものを編集することが多いならMacBook Airの性能があれば十分作業をこなすことができます。, 予算に余裕があるなら+20,000円で8GB → 16GBのメインメモリに増設しておくのがおすすめです。, 動画編集することが多いならMacBook Pro 13インチにした方が、快適に作業をこなすことができます。, MacBook Air(M1)は性能だけ見ればMacBook Pro 16インチに匹敵する高い性能を持ったM1チップを搭載しているので、Airであってもかなり快適に動画編集することができます。, Proと同じチップを搭載していることから性能差はほぼありませんが、電池持ちはAirよりもProの方が上となっています。外で作業することが多くて、電池持ちを重視したいならMacBook Pro 13インチ(M1)を選ぶのがいいのではないでしょうか。, メールアドレスを入力しなくてもコメントは残せます。メールアドレスが公開されることはありません。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.